高血圧薬 種類

高血圧薬の種類についてです。高血圧薬には大きく分けて7種類の高血圧薬があり、副作用などの注意事項をお確かめの上ご利用いただければと思います。

 

高血圧薬には、利尿剤、カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン阻害薬(ACE阻害剤)、アンギオテンシンⅡ祖阻害薬(ARB)、β遮断薬、α遮断薬、αβ遮断薬の7種類の高血圧薬が主に処方されております。

 

利尿剤の種類・・・ループ利尿剤、チアド系利尿剤、カリウム保持性利尿薬、アセタゾラミド、グルセリンなどの種類が高血圧薬として利用されています。

 

カルシウム拮抗薬の種類・・・シヒドロビリジン誘導体、フェニルアルキルアミン誘導体、ベンゾチアゼビン誘導体の3種類が高血圧薬として利用されています。商品名ではアデラートCR、コニール、アムロジンなどの種類があります。血圧を下げ過ぎる事から、グレープフルーツと一緒に服用できません。

 

ACE阻害剤の種類・・・カプトリル、レニベース、セタプリル、アデカット、インヒベースの5種類が処方されています。空咳が出る副作用で知られています。注意点としてこの高血圧薬は妊婦の服用が禁止されている点です。

 

ARBの種類・・・オルメック、ディオバン、ミカルディス、イルベタン、ニューロタン、ブロプレスの6種類が処方されています。ACEに比べ空咳が少なく、現在使用されている高血圧薬の中では処方率が大変高くなっています。

 

β遮断薬の種類・・・アテノロール、フマル酸ビソプロロール、塩酸アロチノロール、塩酸セリプロロ-ル、塩酸プロプラノロール、塩酸カルテオロールの8種類が処方されています。商品名にするとミケラン、カルビスケン他莫大な数が処方されています。

 

α遮断薬の種類・・・高血圧薬としてエブランチルカプセル、デタントール、デタントールR、ミニプレス、ハイトラシン、バソメット、カルデナリンなどが主に処方されています。

 

αβ遮断薬の種類・・・カルバン、アーチストの2種類。

 

サブコンテンツ

SNS

  • このページの先頭へ