血圧の正常値

血圧の正常値は、至適血圧の120/80未満と正常血圧の130/85未満と定められています。自宅測定での血圧の正常値は、125/80未満ですので間違えないようにして下さい。また高血圧と診断するには、一回だけの測定ではなく、一定の期間の血圧平均が140/90以上の場合に高血圧と診断されます。

 

更に140/90以上の高血圧は、Ⅰ度高血圧からⅢ度高血圧まで3分割されており、160/100を超えるⅡ度高血圧あたりで降圧剤の服用が始まるようです。それでは血圧の正常値の一覧表をご覧頂き、ご自分の血圧が正常値か確認しましょう。

 

  血圧 正常値   病院測定    自宅測定
  至適血圧  120/80未満   125/80未満
  正常血圧  130/85未満
  正常高値血圧  140/90未満  125~134/80~84
  Ⅰ度高血圧  160/100未満   135/85以上
  Ⅱ度高血圧  180/110未満
  Ⅲ度高血圧  180/110以上

 

日本高血圧学会の定める血圧の正常値は130/85未満ですが、年齢を重ねるとこの数字のクリアは難しくなります。下の年代別の血圧平均を参考にして無理せずに血圧の正常値130/85未満を目指して下さい。

 

 年代別 血圧 平均  20代  30代  40代  50代  60代  70代
 男性 年代別の平均 123/74 127/77 131/82 145/86 154/90 158/87
 女性 年代別の平均 119/71 123/75 132/82 145/86 156/90 159/87

 

40代で上の血圧の正常値130を超えています。この上の血圧の正常値が130というのは、かなりの方がご存知ですが、下の血圧の正常値が85である事を覚えておいて下さい。と言うのもお若い方を中心に下の血圧が正常値を超える方が増えているからです。

詳しくは、「血圧の下が高い」の記事をご覧下さい。

 

健康を管理する上で一番簡単なのが、血圧を測定して正常値かどうかを確認する事です。ご自宅で血圧を測定してみて125/80以上の血圧なら、毎朝血圧を測る事と塩分に気を付けた食事に切り替えるなどして、血圧の正常値を目指して下さい。
 

スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

サブコンテンツ

SNS

  • スポンサーリンク

    このページの先頭へ