血圧の下が高い

血圧の下が高いというのは50~60代の方に多く見受けられ、上の血圧は140未満の正常値であるが、血圧の下が高い90以上の方を指しています。

 

「血圧」と言うと、上の血圧130しか気にしない方も多いのですが、血圧の下が高いのを気にしないのは危険です。血圧の下が高いのは、上の血圧が130を超えるのと同じく高血圧であり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高いのです。

 

血圧の下が高いと診断するには、数日間の血圧を測定して行います。病院の測定では90以上、自宅の血圧の測定で85以上が数回続くようなら血圧の下が高いと判断し治療を開始します。

 

 血圧 下が高いか?   病院測定    自宅測定
  至適血圧  120/80未満   125/80未満
  正常血圧  130/85未満
  正常高値血圧  140/90未満  125~134/80~84
  Ⅰ度高血圧  160/100未満   135/85以上
  Ⅱ度高血圧  180/110未満
  Ⅲ度高血圧  180/110以上

 

下の年代別の血圧の平均をご覧いただくと、血圧の下が高い(90以上)というのは、60代の方の平均でしか見られません。つまり非常に稀なので、もしもお若い方で血圧の下が高いという方は、原因を知って対応して頂く必要があります。

 

 年代別 血圧 平均  20代  30代  40代  50代  60代  70代
     男性 123/74 127/77 131/82 145/86 154/90 158/87
     女性 119/71 123/75 132/82 145/86 156/90 159/87

 

血圧の下が高い原因には、①BMIが25以上の肥満②仕事過多③ストレス過多④5時間未満の睡眠⑤動脈硬化が既に進行してる⑥その他の病気などが考えられます。もしこれらの血圧の下が高い原因が思い当たるようなら、原因を排除するような生活を送る事が大切です。

 

血圧の下が高い原因①~④を改善しても血圧の下が高いようなら、何か他の病気が関係してる事も考えられます。病名で言うと1、糖尿病2、腎臓病3、副腎腫瘍4、動脈硬化などがそれに当たります。副腎腫瘍はあまり一般的ではありませんが、高血圧の原因としてよく報告されています。
 

スポンサーリンク




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

サブコンテンツ

SNS

  • スポンサーリンク

    このページの先頭へ